So-net無料ブログ作成

清掃日記 365

白山登山

藤井万です。

明日は人生初の登山になります。

全く想像もつかない世界

最近は何故か色々な事に挑戦したくなる41歳。

なんでやろ

ニッポン万歳!

藤井万です。

盛り上がったナデシコJAPANでしたが、よかったですね。

男子はサムライJAPANでしたよね。

えらくJAPANにこだわりましたが、やっぱり最高です。

何故にして侍japanなのか?

やはり日本人は素晴らしい民族だから

あのアインシュタインや多くの外国人が賞賛した訳は

「みっともないことはしない」
「浅ましいことはしない」
「はしたないことはしない」
「人様に顔向けのできないことはしない」
「お天道様に顔向けができないことはしない」

こういった精神を持ち、利己心なるものを自分の中に厚く包み込む

その厚さが世界一だったそうです。

昭和19年、もう戦争に負けるころにフランス人の駐日大使を努めた

ポール・クローデルさんは当時、敵国同士である立場にありながら

「この地球上からただ一つ滅びてはならない民族をあげるとすれば、
 それは日本人である」

と言っていたそうです。

なぜなら「みっともないことをしない国民だから」  と

みっともないって?



自分自身、過去に教わった教育をもっと大事にしていきたいです。

なでしこ.jpg




コーヒーをもっと味わう

藤井万です。

先日に続きコーヒーの事で恐縮なんですが

我々が何気なしに飲んでるコーヒーなんですが当然にして作る方がいるわけです。

精魂こめて遠い海の向こうの方々がコーヒーを飲む人達の笑顔やリラックス効果の

為に日々一生懸命に汗水垂らしながら作ってるんだとおもいます。

でも残念なことに生産者の人達は報われていません。

一生懸命に生産した対価としては、ほんの雀の涙くらいです。

コーヒー農家.jpg

その涙の量は1千分の1位になります。

あと料金を1円値上げするだけで少しは助かるのに・・・・・

でも各社の熾烈な争いにはその1円が命取りになるかもしれません。

生産者は2の次3の次です。

会社の利益が何が何でも1番。

まさに拝金主義の典型的なところです。

我々の業界に置き換えても似た様な状態です。

生産者=下請け業者で考えると全く同じです。

利益はしっかり確保して下に投げる。

その上に損害補償なんかは下請け持ち

生産するのもいっぱいいっぱいでそれ以上のクオリティを求められても

出来ないというところが現状だと思います。

ましてや何かするにしても往々にしてお金が付きまといます。

最後には生活を取るかクオリティを落とすかの2択に迫られます。

後者を選んで失敗して、信用失墜したあげくにマスコミに叩かれ消滅した会社。

至上拝金主義が招いた結果と捉えるしかありません。

今回の東北地震の復興支援では温かい沢山の人が手を繋ぎ、やっぱり

世の中いい人が沢山いて素晴らしいな~と思った反面

ビジネスで間接的に人を陥れる体質がある会社が一部存在するのは

何故か腑に落ちない。

こーひー2.jpg

コーヒーブレイク

藤井万です。

暑い日が続きますね~

皆さん体調管理は万全でしょうか?

暑い日といえばついつい冷たいドリンクに手がいきます。

私も昨日はアイスコーヒー2杯にポカリ、ビール2本と

ついつい冷たい飲み物を摂取し過ぎました。

ちなみにアイスコーヒーの事を関西では冷コーと言うらしいですね。

この冷コーなんですが、喫茶店で昔はよく飲んでた記憶がありますが

最近はあまり喫茶店というか純喫茶というか、あまり見かけませんよね

大手のチェーン店は増えましたが・・・ 

安くなったのは嬉しいけど、昭和浪漫の漂う喫茶店で冷コーを飲みながら

店主と世間話しもいいもんですよね。

         コーヒー.jpg



掃除歴3年

藤井万です。

先日、とある現場へ提出する為に従事者名簿なるものを

約20名分、作成しながら一つの疑問が生じてペンが止まった。

その疑問とは3年選手と十年選手の実力が何故にして同等なんだ?

10年選手を欲目に見てもかなり拮抗している。その差は?

頭や身体能力の差なのか?

ちなみに10年選手の方は国立○沢大学卒で学生時代はスポーツマンだった

らしく、一方、3年選手の方は普通の高卒で、特別に身体能力もあるふうには

とても見えない。不思議だ、何故なんだ? 考えすぎかな。

でも何か無理やりでも違いを拾うと考えてみました。

なんとなく見えた気がしました!

後者の3年の方はとにかく考えて考えて、それを実行していました。

いわゆる学習効果がある人です。

そもそも日本人の得意分野だった学習効果は世界でも指折りだった筈。

この方は日本人のいい所をしっかり継承していました。

一方、10年の方は知識や学歴、資格に頼りすぎて学習効果の能力が

低下しているのでは?と思いました。



「考えて行動、行動しながら考える」

シンプルだが奥が深い・・・・・・・

飛行機.jpg




業務用ガラス洗剤

藤井万です。

昨日は1日、現場で過ごす。

以前より気になっていたガラス洗剤をチョイスしてみた。

010.JPG
アメリカ生まれらしい

011.JPG
錠剤タイプ

012.JPG
どれどれ

013.JPG
ポチョン!

015.JPG
炭酸バブのようにジュワッと効いてきた

019.JPG
ど~れ

評価するとしたら ん~~~

食べ物の評価みたいに簡単にはいかないが

ガラスに入れるゴムのスベリが滑らかで仕上がりがカキーンと

仕上がるといった感じでした。

なかなかgood



宜しければ同業者さんも いかが?


よけいなお世話ですが・・・・・・・



ビルメンテナンス

藤井万です。

我々の職種は一応、ビルメンテナンス業となるそうです。

顧客の対象としては主にビルとなります。

すなわち、世の中にビルやマンション、色々な大きな施設が建つと

それに付随して潤ってくる業界でもあります。

その一方で、自然が破壊されていく現状も無視はできません。

我々人類は自然の中で何億年もかけて、プランクトンの様な生き物から

進化し、水から陸に移り、やがては立ち上がって人に進化しました。

生命の歴史で言うと植物ではコケやシダ類から長い時間をかけて木に進化し、

その木の葉が落ちて養分となって次の樹木を育てます。何億年という時間

の中でこのサイクルを繰り返してきました。

この前、落ち葉を掃除してゴミ袋に入れ、何袋にもして自動車に積み込む業者の方を

見たんですが燃える他のゴミと同じ扱いで処理されるのかな~ と思ったり、よそで土に

戻すのかな?と思ったり、それより、落ち葉と生ゴミと同じゴミになっている様な気がしました。

人間も自然の循環の中で生きている。

この仕組みを断ち切れば、自らの世界を破壊しているのでは・・・・・。

ビルのメンテナンス業者として、環境ISOやCO2削減、エコの何とかと言う前に

身近な取り組みが大事なのでは・・・・・・・。

自然.jpg




これだ!!

藤井万です。

なんで便所掃除なんかせんとダメなん?←なんかなるんけ?

ゴミ拾いして綺麗にするのは理解できるけど~~←なんかなるんけ?

流行の様な断捨離って頭では理解できるけど~~←なんかなるんけ?


職業柄なのか上記の様な質問を受ける事がシバシバ。

私の解答としては今まで人に対し、「継続すれば何か見えてくるはず」

と言ってきました。非常に抽象的で言っている私自身もよく理解していませんでした。

最近、ティッピングポイントという言葉を聞きました。

何かと言うと、小さな変化が大きな変化を生み出す点の事だそうです。

ピン!ときました。

小さな事が積み重なって、ある瞬間に突然、大きく花が咲く場面です。

人の心の中には良い事も累積するが悪い事も累積するという理屈に繋がります。

よく「あんな大人しい子がこんな悪い事をするなんて!」

と、たまに耳にしますが、その子の中で累積した小さな事があるとき爆発して犯罪という

形になって表に出たという事になります。

便所掃除でいうと、毎日毎日同じ便所で掃除していると、ある日突然に

微細な違いを便所に入った瞬間にキャッチ出来る様になるということです。

入った瞬間に見渡すわけでもなく、あっ! こんな所に1本のクモの糸が!

これはセンスです。

センスとは生まれ持ってではなく継続の賜物だと思います。

よくプロ野球選手でも便所掃除をやっていると聞きます。

これは、例えば外野の選手が打たれた瞬間に反応よく動きをかける。

この僅か0.5秒位の差がセンスではないでしょうか?

0.5秒の反応でグラブに収め「アウト!」もしくはグラブからコボレて

残念なことにランナーが生還しゲームセット・・・・・・・

微細な違いを嗅ぎ分ける事が出来るのはセンスではないでしょうか?

そのセンスはやはり日々の鍛錬。

鍛錬には便所掃除が一番もってこい の題材なのでは。

百隠禅師ではないけれど、まずは動かないと始まりません。

白隠禅師.jpg





丁寧に仕上げる

藤井万です。

先日、清掃の際に動かしたダンボールが「元の位置に戻ってないよ」と

お客さんよりご指摘を受けました。

作業員に問い詰めると「すんません」 時間が押してきて慌ててしまいました。

それと、100以上もの物を動かして記憶するのは私の頭では不可能です[ふらふら]
と言う返答が帰ってきました。

ん~ん 私もしでかした過去があるな   (微妙)

確かに過去を振り返ると仕事以外でも慌てた後に起こる事はエラー、ミスが多い。

自動車の運転中に電話先から聞いた事を慌てて汚い殴り書きでメモすると→
自分で書いたのに字が汚くて読めない[ふらふら]
慌てて狭い駐車場でバックしたら→ブロックに擦ってしまった[ふらふら]

慌てて電車に駆け込んだら→反対方面行きだった[ふらふら]
慌てて家を出たら→クロックス履いて職場に向かっていた[ふらふら]
大事な用件を伝えるのに慌てて携帯で電話したら→違う人に繋がってしまった[ふらふら]
慌てるとロクな事がないようです。

やはり冷静に考えても丁寧に勝る方法は見当たらないようです。

自分にも言い聞かせ作業員にも丁寧に心掛ける様に伝えました。

君、「丁寧にしたまえ!」   と。

まずは動いてみよう!

藤井万です。

久々の投稿となりました。

理由としては 「めんどう」 「これといったネタがない」 「書いたからどうなる」等々

でも、やっぱり日記として書いて行きたいという葛藤がある中、ある言葉を思いだして今、パソコンに

向かっている。   その言葉とは

  「動中の工夫は、静中に勝ること百千億倍」 これは白穏禅師の言葉です。

じっとして考えるよりも動きながら考えることは百千億倍?勝るという事らしいです。

普通の禅僧はじっと座禅をして考えろと言う所をこう言いきったらしいです。

すなわちいいアイディアは動きながら出てくると。

確かに無理やりでもパソコンのキーボードを叩いて私は今日のブログを書いたんだから・・・・・。

まずは動いてみよう!



                                     

続きを読む






可愛いコイに毎日エサをあげにきてねぇ~
(コイの近くの空いたスペースでマウスをクリック)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。