So-net無料ブログ作成

清掃日記 365

年のせい?

島藪です

風邪をひいたのがなかなか治りませんね

やっぱり年のせいでしょうか?、若いころは

一晩寝れば治ったんですが、それに風邪も

めったにひかなかったのですが。弱気の考えは

いけませんよね。

寒すぎますね

島藪です

寒いですねいきなり冬になったみたいで、ちよっとオーバーかな

これだけ温度差があると体調管理に気をつけて風邪など

ひかぬようにと言いながら風邪の引き始めみたいなんですが

初めは一歩から

島藪です

今日初めて貯水槽清掃に行ってきました

と言ってもまだ作業手順の確認からなんですが

何事も初めの一歩からあとは2・3・4・5歩・・・・・・・・・・・と

一歩進んで二歩下がるということにならないように

がんばらねば。

今日は最良の一日

藤井万です。


先日、金沢北倫理法人会にて講話の機会を頂きました。

掃除屋10年にして初めて見えて来たことや、経験、体感した事、

そしてこれからの次世代型の清掃業界を創る必要性。

掃除の持つ限りないパワーを伝播させていく。

倫理と掃除は密接な関係にある。etc

多くを伝えたかったんですが、自分の頭で組み立てたプログラムの

1章~5章の内、3.5章位であえなくタイムオーバー。

でも私にとっては最良の一日となりました。

皆さんありがとうございました。

次週はsatoshi先輩、頑張って下さい。

講話.jpg

       




ちょつと・・・・・・・

島藪です

最近つくづく思うのですが自分が生まれてきた存在価値

ということ考えるようになって人の役に立っているのかと

考えながら掃除の仕事をしていて、きれいにしてもらって

ありがとうの言葉を聞くたびに、そうなんだ他の人を幸せな

気持ちにさせてあげる事が、自分の幸せ=存在価値につながる

のかなと思いながら仕事に励んでいます

ちよっとキザでしたか?

雲の上

藤井万です。

私自信の空を見上げ、その雲の上にいる人物とは鍵山秀三郎です。

説明するまでも無いんですが、現イエローハット相談役でもある方です。

私に仕事の取り組み方、人間の取り組み方を気付かせてくれた方でも

あります。

その鍵山氏が私にこんな言葉を残してくれました。

「職業なんて何でもいい。手の届かない位の高い志を持ちなさい。

 そうすれば自ずと企業も自分も良くなる。そして社会になくては

 ならない存在になるから」 と。

この重い言葉を今でも噛みしめている最中です。

       

        004.JPG


気付き、センスを磨きに片町に

藤井万です。

自慢する事でも無いんですが、今年1年を振り返ると少しだけ成長しました。

片町でゴミ掃除のボランティアに行く様になって、自分自身のポイ捨てがゼロ

になりました。

最初、誘われた時は今まで自分が捨ててきた分だけ拾って、チャラになれば

いいわ。という気持ちで始めたんですが、やってる内に少しだけ心境に変化が・・・。

片町1周して掃除してたら当然、同業他社の契約先のビル、デパートの前もルート

となる訳なんですが、最初の内は他社の掃除の人が後から掃除するし、わざと

残しておこうかな。なんて狭い心の自分でした。まるで敵に塩を送るまではいきません

が、セコイ自分がいました。

でも回数を重ねるごとに、

変な垣根がとっぱわれていました。

捨てる行為しかしなかった自分が逆の行為をすることで、拾う人の気持ちが解る様に

なり、まずは捨てる行為は完全にやめれました。

これも少しの気付きをした様に思います。

気付きとは、義務でも無い事をどれだけやってきたか、やったか。

継続的にそれを積んでいくことでセンスが生まれるのでは?

継続する事で他と僅かに差が生まれる。その差が鍵の様な気がします。

粟原さんが競馬で1着、2着の写真判定で鼻差とは4センチ位と言っていました。

でも馬の実力は拮抗しています。どちらが勝っても不思議ではありません。

優勝賞金と2着賞金では何百万、何千万の差が生まれます。

運が全ての様な気がしますが、運の中にセンスの一部も含まっている様な

気がしてなりません。

ビジネスも4%の違いで何億円も違ってきます。何百億も違ってきます。

だから僅差、微差を生む様な何かの継続が必要になってくるはず。

マニュアル人間と某有名旅館の女将さんの気付きを比較するのは

火を見るより明らか。











成長の鍵

藤井万です。

掃除には「気付き」や「センス」が必要とされます。

我々はお客様に対して整った美しい環境を提供する会社です。

それには「気付き」や「センス」が必要とされます。

くどい様ですが、そこが大事になってきます。

こんな体験談を聞きました。

○○バーガーで1人で行きハンバーガーをテイクアウトするつもりで

何んとかバーガー10個と何んとかバーガー10個、合わせて20個オーダー入れ、

定員の対応:「ここでお召し上がりですか?お持ち帰りですか?」と対応され

(ここで20個も食べた人なんか過去にいたのか?)と思ったそうです。

いくら笑顔でそれを言われても・・・・・。笑顔もマニュアル?と思ったそうです。

こんな体験談を聞きました。

定食屋さんでお昼だけで5回転もする定食屋さんがあるそうです。

お客さんの応対は全て女将さん1人でされているそうです。

毎日てんてこ舞いだそうです。ちなみに規模はその店だけだそうですが

顧客はザックリ計算したところ最低1,500人はかたいそうです。

笑顔と気配りはありますがマニュアルは無いそうです。

とかく現代はマニュアル、システムに頼りがちですが、窮屈な世の中です。

現代は売上至上主義で金が1番先に、昔の会社の様に人、物、金という会社は

稀少になってきたのでは?

マニュアルとシステムを武器に膨張を繰り返し巨大な組織を築き、またそれを目指す会社が

後を絶たない。

それを駆使し最近目立ったのが堀Eもん、村KMファンドなのでは。

そして人もこういう背景で公を大切にした時代から個人主義の時代に。

自分、自分の個人主義の人ばかりでは会社も扱いにくいと思います。

そこでマニュアルに当てはめればいいんですが、何か味気ない。

そしてまた味気ない人が味気ない人を生んでゆく。

マニュアルなんて必要あるのか?

それは解らないが、出来ればセンスでカバーして女将型で行きたい。

気付きとセンスはどうしたら得とく出来るかは、次回で






全日本ガラスクリーニング選手権in大阪

藤井万です。

岩崎君の応援で(?)皆、一同に大阪で集結致しました。

その中には勿論、応援団長の中村君の姿もありました。
040.JPG

頼もしいバックにも恵まれ後は結果を残すのみとなった岩崎桂太。

結果は・・・。

でも彼の表情は非常に晴れやかでした。

そして周りの人にすらその事が表情から伝わって「ごくろうさん」という声が

あちこちから掛かっていました。

金沢の仲間、北陸の仲間、忍者中村はじめ帝拳ジムの現役ボクサー

に応援を貰い、最高の盛り上がりでした。048.JPG
055.JPG

結果は96人中88位となりましたが

アピール度は96人中1位で優勝となりました。(これでいいのだ。。。)

私、個人の感想、考えとしましては、大会会場で粛々とスクイジーの音を響かせ

順位だけを求めるドチラかというと個人、会社、協会よりの部分よりも、解放的な

雰囲気があっても良いかと思います。考えは様々となりますが、お客は誰か?

という観点から考えると、選手なのか?一般客なのか?業界なのか?

私も主催者側のスタンスを理解していなかったので、競技中の場を盛り上げる為の提案を

一つしたところ、あえなく却下。 何故にこんなツイン21という目立つ吹き抜けの歩行量の

多い場所を選定されたのか?

立ち止まる人は忍者中村ばかりでした。

私はこの業界に入り、素晴らしい天職にめぐり合えたと思っております。

そしてこの仕事のいい部分を沢山のひとに伝えたいとも思っています。

その前に業界の少々暗いイメージを払拭したい気持ちがあります。

先日、免許の書き換えで講習ビデオを観た時なんですが内容は、でき心で

飲酒運転をして人を轢いてしまった役を演ずる宮川一郎太の家族の離散劇

なんですが、収入源も無くなり奥さんが家計を支える為に昼はスーパーで働き、

そして夜は嫌々ビルのお掃除のバイトに・・・。何故かバックには暗いBGMが・・・。

そして能力の無い人の定番仕事みたいのも固着しているような。

このイメージは私の被害妄想でも変な概念でもありません。

職業に貴賎は無いといいますが・・・・・。

やはり若い世代の方も志願してくるような、ワクワクするような、次世代型の掃除スタイルを

つくって行かねばと感ずる所です。

もっと開放的で、もっと明るく門戸を広げて迎える体制が必要です。

それにはダーティイメージを払拭するのが急務なのでは・・・・・。

すみません。長々と。

最後に、 岩崎君  やったねv





残念な報告を・・・・・

島藪です

残念な報告になってしまいました

2月11日に大阪で行われた第14回日本ガラスクリーニング選手権

に岩崎君が出場したのですが全国の壁は高く予選で敗退に終わりました

出発するときから緊張してるのがわかったので本番は

大丈夫かなと思っていたのですが雰囲気にのまれてしまったらしく

相当舞い上がってしまって実力が発揮できなかったみたいです。




可愛いコイに毎日エサをあげにきてねぇ~
(コイの近くの空いたスペースでマウスをクリック)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。